「正直、公正、ベーシックインカム。」

「静かな選挙、新しい選挙、お金をかけない選挙を。」

こんにちは。渡口初美(代筆)です。

今回は、応援、賛同、共感、協力、たくさん、本当に感謝しております。

 

本気で当選すると信じていました。

しかし、結果は最下位でした。

 

お昼に集まり話し合いました。

引き続き、ラジオ、UBI3000勉強会などで、ベーシックインカム実現に向けて再スタートいたします。

 

3482人の方がベーシックインカムの実現に向けて行動を起こしました。

 

去年の11月11日、ラジオ番組(渡口初美のユンタク)から、世界に向けて発信しました。その頃は認知度0でした。

 

約10ヶ月、ひとつの意味ある結果が出ました。本当に皆さまのお陰です。

ありがとうございます。

2018年10月1日
琉球料理研究家 渡口初美


渡口初美の政策


 

渡口初美は、

世界潮流ともいえる

純正ベーシックインカムを、

地域行政の統治権限内で

世界に先駆けて実現しようと考えています。

 

沖縄から始まる新しい資本主義社会は、

世界中が注目する奇跡を生み出します。


資本主義の生み出した問題点は、

「オカネの無くなる恐怖」

利用しています。

 

そして「経済合理性というモノサシでしか

見られない」という

習慣・観念を社会に植え付けます。

 

全県民に生きていくために

必要なエネルギーである

オカネを安定供給することで、

全県民の生き方は変わります。

 

 
地球全体が一つの有機体であり、

人類もそこに含まれる部分であることが、

科学の世界でも解釈されています。

 

生まれてきた全ての命を育むエネルギーを、

地球は十分に供給しているにもかかわらず、

資本主義は

そこに歪(ひずみ)をつくりだし、

「持つ者」「持たざる者」という

二元化を生み出しました。


ベーシックインカムが

資本主義の動機を変えることで、

より健全に社会システムは機能し、

「汚職的行為」や

「法的には問題はないとのことだけど...

といった隠れた問題」を

内部から一掃し、

表裏(おもてうら)のない

地域行政統治を実現します。

 

そしてベーシックインカムは、

すべての個性チャンスを与え、

自由に自分らしく生きる社会へ変貌します。

 

 


渡口初美の提唱する

ベーシックインカムって何?



ベーシックインカムは、

国民全体に一定のオカネを配布する経済施策です


 5万円から10万円を毎月、社会保障として、又は既存の社会保障と置き換えて支払われるというモデルが一般的に語られています。世界中で小規模なパイロットプログラムもスタートしています。


沖縄県民全員に月額30万円を支給

その財源として消費税30%を課税




ベーシックインカムではその財源の確保が課題ですが、消費税環流モデルが最も良い方法であることが、世界の学者によって導き出されました。

支給額と消費税率によって財政は黒字化します。


ドラスティックな社会変化

世の中から「仕方がない」が無くなります


 

  ベーシックインカム(UBI)は、単純な経済施策でありながら、社会の隅々に大きな変化を引き起こします。今までの生活苦の恐怖から解放された人は会社を辞めます。

お金の為に仕方なくしていた仕事は、世の中から無くなります。意味の無い仕事ほどスタッフがいなくなります。結果、沖縄県内の企業の数は半分か1/3に減るでしょう。

 


そのぶん、

沖縄は"時間的な豊かさ"を取り戻すでしょう



沖縄県内で使える電子マネー

使わなかった分は消えるアイディア


 

   沖縄での具体化案を少しお話しします。

 30万円は県民一人一人に配布された電子端末に、ソーシャルマネーとしてチャージされます。ソーシャルマネーは貯蓄することができませんので、毎月末にはリセットされます。そしてまた月の初めに新たに30万円分のソーシャルマネーがチャージされます。

 沖縄県内のお店では、簡単な読み取り装置があり、全ての支払いが出来ます。商店は回収したソーシャルマネーを、沖縄県のエクスチェンジセンターで日本円に交換することが出来ます。

 発行したソーシャルマネーも、使われたソーシャルマネーも、発生した消費税も全てが全県民にリアルタイムで見られるようなシステムとします。

 


堕落する人が増えるのでは?

今の社会の課題と比べたらリスクは小さく見えます


 

 働かないでいい社会では、堕落する人が増えるとの心配もあります。でも、今の競争社会の課題、オカネが全てを決める社会の課題と比べたらリスクは小さく見えます。

 犯罪は減少し貧困問題も解決します。沖縄の米軍基地問題についても影響を与えることになるでしょう。基地問題も見方をかえれば経済問題・オカネの問題だからです。


すべての製品・サービスが

高品質化します


 

   すべての製品・サービスが高品質化します。いやいやお金の為にやっていた仕事がなくなったら、品質は一気に向上します。

  心理学者カールユングは、意識の構造図で我々人間はココロの深い部分で繋がっている...集合的無意識によって統合されている存在であることを表しました。利己的な行動、利他的な行動の動機が説明できます。


経済合理性から環境合理性へ

ベーシックインカムのもたらす

動機の変化


 ベーシックインカムのもたらす動機の変化。ここが最も大切なお話しです。

 オカネを動機とした社会から、一人一人が自らの役割を動機に動く社会へ...

 人類は旧約聖書以前から、オカネに振り回されていた歴史があります。オカネのチカラを弱めることで、社会の動機が変わる。資本主義の進化ともよべる、大きな転換地点に、私たちはいます。

 


2018年度 沖縄県知事選挙立候補者

第2回 ネット公開討論会

〜沖縄の未来を本気で考える〜

9月25日(火)15:00 LIVE配信スタート


△クリックするとYouTubeのLIVE配信ページに飛びます


渡口初美の提唱する

ベーシックインカムって何?(4分30秒)



渡口初美

「正直、公正、ベーシックインカム。」

(4分45秒)



渡口初美

「静かな選挙、新しい選挙、お金をかけない選挙を。」

(1分50秒)



9月13日(木)「第一声(約16分)」


那覇市まんがんにて行われた、沖縄県知事選告示日の「第一声」のノーカット映像(約16分)です。


8月28日(火)「出馬会見(約21分)」


沖縄県庁での、沖縄県知事選へ出馬表明した記者会見の様子を動画にまとめましたので、ぜひご覧下さい(約21分)。



9月23日(火)「みんなで渡口初美候補のポスター貼るプロジェクト報告②(約1分35秒)」


貼れていない離島も残すところ10ヶ所ほどになりました。ポスター大臣による経過報告続編です。


9月18日(火)「みんなで渡口初美候補のポスター貼るプロジェクト報告①(約2分)」


「静かな選挙、新しい選挙、お金をかけない選挙を。」



9月25日(日)「第2回ネット公開討論(約2時間)」


沖縄県知事候補者の一人、カネシマシュン氏との第二回ネット公開討論のLIVE映像です。


9月16日(日)「緊急ネット公開討論(約14分)」


沖縄県知事候補者の一人、カネシマシュン氏との緊急ネット公開討論のLIVE映像です。この日が初対面となりました。



9月22日(火)「渡口初美のゆんたく/ゲスト:カネシマシュン氏(約45分)」


FMレキオ「渡口初美のゆんたく」にて、沖縄県知事候補のカネシマシュン氏がゲストで遊びに来てくれました(約45分)。


9月15日(土)「渡口初美のゆんたく(約45分)」


FMレキオ「渡口初美のゆんたく」にて、長男渡口昇氏と仲村健氏との、ベーシックインカム討論です(約45分)。